忍者ブログ
「どうして私を選びましたか?」

「あなたを選んだつもりはない」

「どういうことですか?」

「僕は後悔しない選択をしただけ」



人生は選択の連続である。

その選択が正しかったかどうかは

後にならないとわからない。

そして、その選択を正とするか否とするかは

己れが決めること。

即ち、己れが後悔しなければ良いだけのこと。

過去に拘って後悔することほど

無意味なことはない。

だって、悔やんでいるその一分一秒も

人生の流れは止まらない。

その流れにこそ抗えないのなら

せめて、自分の足下を見つめて。
PR
致し方ないとはいえ

ことごとく“日本風”なのだ。



決して不味くはない。

不味くはないのだが、

これを“四川料理”

と名乗るのは少しばかり遠慮というか

奥ゆかしさが足りない。

日本人の美徳のひとつとしての

奥ゆかしさが足りないのである。


僕なんぞにその評価はできないが、

何せ相方様は

重慶での在住経験もある、

“本場”の御方。

「これ、美味しいと思っていますか?」

彼女はさりげなく、

あくまでも小声で僕にそう訊ねた。


ちなみに“本物”はもっと油っこいそうな。

だったら僕には尚更食べられないわ(笑)


あ、それから

「おすすめです」

と言われて発注した

刺身の三種盛り。

魚の鮮度は悪くないものの

「刺身はやっぱり、醤油とわさびで食べたい」

とは、これも相方のお言葉。

宝贝、君は日本人よりも日本人らしい。


四川料理と名乗るメニューは日本風、

かと思えば和食メニューは中華風。


なんともちぐはぐ(--;)
貴重な平日休み。

決して無駄にはできない。


とある役所へ。

何とかマップやらウェブやらで

下調べしたつもりがわからん!


受付時間は16時まで。

現在15時も大幅に回って

20分もすれば受付終了となる時間。


ヤバい。

今回は諸事情でナビ完備の自分の車ではなく

相方の車である。

小さな画面のスマホしか頼るツールはなし。



で。


間に合った(--;)


窓口の担当者と話して

所要時間にして10分で全て終了。





めんどくさいけど

まあ良い経験として。
相方の強い要望に応じる、の巻。



自分だけの為にならまず作らない。

っていうか、こんなもん初めて作りますし(^^;

肉もピーマンも好物の相方はご満悦のご様子。

良かった良かった。


そして後日自力でこのメニューにチャレンジした相方曰く、

「時間ある時じゃないと無理」

「めんどくさいね」

でしょ?

できるかどうかよりも

チャレンジすることに意味がある。

宝贝、君の作ったほうがうまいよ。
釣りにも行かない(行けない)のに

月のガス代が3万超えって…。

リッター20は走ってくれるのに、だよ(笑)

まあ、1年経って31000km走れば

致し方なし、か。



ただ、その間かかったコストは

ガス代とオイル交換等

基本的な部分のみ。

タイヤもブレーキ関係も

「まだまだ余裕です」

だって。


その気になれば瞬時に加速して

“ぬうわ”km/hを振り切っての

高速での連続巡航とて怖くない。

当たり前だけど

ちゃんと真っ直ぐ走ってくれる。

そして冬場の積雪路も圧雪路も凍結路も

全く臆することがない。


まさしくマルチパーパス。

宝贝もお気に入り。
忍者ブログ [PR]