忍者ブログ
致し方ないとはいえ

ことごとく“日本風”なのだ。



決して不味くはない。

不味くはないのだが、

これを“四川料理”

と名乗るのは少しばかり遠慮というか

奥ゆかしさが足りない。

日本人の美徳のひとつとしての

奥ゆかしさが足りないのである。


僕なんぞにその評価はできないが、

何せ相方様は

重慶での在住経験もある、

“本場”の御方。

「これ、美味しいと思っていますか?」

彼女はさりげなく、

あくまでも小声で僕にそう訊ねた。


ちなみに“本物”はもっと油っこいそうな。

だったら僕には尚更食べられないわ(笑)


あ、それから

「おすすめです」

と言われて発注した

刺身の三種盛り。

魚の鮮度は悪くないものの

「刺身はやっぱり、醤油とわさびで食べたい」

とは、これも相方のお言葉。

宝贝、君は日本人よりも日本人らしい。


四川料理と名乗るメニューは日本風、

かと思えば和食メニューは中華風。


なんともちぐはぐ(--;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]