忍者ブログ
満月大潮最終日。

分が悪いのは重々承知の上だけど、

純粋に釣りがしたかった。

ベタ凪ぎ無風の釣りやすい海況で。


ただ終業時間は遅いし

翌日も仕事なので時間はない。

普段なら小一時間はかかる道程を

30分そこそこで到着。


リミットは一時間。

ファーストキャストから釣れるけど


20ない(>_<)


際々もボトムも反応なし。


疲労と

眠気と

頭痛と

空腹と

あらゆるイライラ要素を背負ってポイントに立っていると

赤い回転灯を点けた白黒の改造車が

僕の車の脇で停車する。

車から降りたコスプレ野郎は

ライト片手に何やら車内を見て(金目の物でも物色して)いるようだ。

駐車場所は路上ではあるけど

車道じゃないし私有地でもないので

何の問題もない。

長いこと通い詰めた場所だし

そこら辺りは心得ている。


そしてあろうことか

さっきまで車内を見て(金目の物でも物色して)いたコスプレ野郎は

ポイントに立つ僕に向けて盛大にライトを照射してくれる。

「ああ!終わった終わった!!」

思わず怒鳴った声が

聞こえたかどうかは知らないけど

コスプレ野郎は白黒の改造車に戻って

次の獲物を見つけて(金目の物でもないかと物色して)いた。


ただでさえ月夜なのに

こういうことをされたら止めを刺されるようなものだ。

イライラも更に増す。


ジグヘッドの釣りに徹してやろうと思ったけど

近くに魚の気配がないので

45mmのシンペンをロングキャストして

“一等地”

通してみると

60。

一番良いところでこいつを掛けてしまったら

今宵は完全に終わり。

リミット一時間の予定が

到着から撤収まで30分。

ライトは壊れるし踏んだり蹴ったり。

やってられねぇよ、全く。


覚えてろよ、コスプレ野郎。
PR
忍者ブログ [PR]