忍者ブログ


かの地では昔から

非常にポピュラーだそうな。

所謂痒み止め。
(虫除けにも入浴剤代わりにもなるとさ)

ハッカ系の爽やかな香りで

塗れば瞬間的にスッとする。

これはスタンダードなやつで

華やかな香りをつけて

アトマイザーに入れたものもある。

195mlで日本円で150円ちょっと。
PR
過酷を極めたとある部署での勤務も

20日が最終日。


同じようにシフト勤務である老婆は

僕の勤務を

“C勤務”

と笑っていた。


一年半の間に三度の異動を経験するのは

異例だそうな。

内示が出た時には

直属の上司にもボスにも

同情をされたほど。


おかげでサボることだけはうまくなった。



そうでもしなきゃ休憩する暇もないんだから。


もう時間に終われることはない。

公休日に着信があることもない。

そしてそして、

心無い言葉に傷つくこともない。


ギリギリの毎日だったのに

僕は壊れなかった。

身も心も。

何故ならばその全てを支えてくれた

宝贝という存在があったからこそ。


感謝している。

心から。

非常感谢你、老婆。


愛用の腕時計(仕事用のMadman)をあげたら

腕時計をもらった(笑)

おっさんになると

この大きなフェイスがとてもありがたい。

ありがとう、天。
諸事情で長期の休暇を取ったので

目下しこたま濃き使われている。

早朝6時半から20時とか

下手すりゃ帰宅は22時とか。

そりゃもう出血大サービスの

無報酬残業。


現在のところ次回の休みもわからない。

なぜか。

実はまた異動することになったから。


異動することになったのに

現在の所属部署の仕事もしなきゃならんという

訳のわからない状態である。


休みたいわけじゃないけど

僕の人生は会社の為にあるわけでは決してないのに。


とりあえず休養できる時間には

積極的に

いや、むしろ貪欲に休養したい。

何なら隙を見つけては

サボってやる。

正直そうでもしないと一休みできない。

本当にそうなんだから。


よく体が持つもんだと

我ながら恐れ入る。

もっと恐れ入るのは

僕の人生の大切なこの時期に

そのほとんどを取り上げてるのに

対価を与えない、

山奥のどっかの会社。


あまりにも自分の時間がない。

そもそもそのやりくりはうまくないけど、

少し休ませてくれないと。



これは

“鍋貼”

言ってみれば

餃子みたいなもの。

しかも典型的な朝ごはん。

何にもつけないでこのまま食べる。

ちょっと信じられないほど

めちゃくちゃうまい。


連番エントリーの続きはまたいつか。
冠水…。


実はすぐ手前のコンビニで

半ば無理やりUターンするトレーラーに出会していた。

プロドライバーが往来を完全に塞いでまで

そんな暴挙に出るか?

と、おかしいと思ったら案の定。


交差点の向こうの車両もバックして戻ろうとしている。

水位はヘッドライトの高さまでありそうだ。

進入したら間違いなく水中で立ち往生する。


Uターンしてまた迂回である。

やたら細い道までナビデータを持っている

カ○ッツェリアを信じて

東に回ってみる。


田んぼの畦道のような道路を指示されて

入ってみると、

ダメだ。

土砂崩れが道を塞いでいる。

来た道を戻って

目的地の方向だけを見ながら

また“畦道”に入る。

「ここは行けるでしょ」

と慎重に進むとゴルフ場の敷地に入った。

こういう開発した土壌は脆いので

更に緊張を強いられる。


山というのは登れば必ずまた下るはずだ。

こっそりゴルフ場の敷地を抜けて下り坂を行くと

不自然な角度のガードレールがあった。


崖っぷちの路肩が崩落して道幅が半分になっている。


そうか、こんなケースもあり得るわな。


更に更に神経を研ぎ澄ませて下りきると

小さな川の橋の近くのT字路で消防車両が警戒している。


無理やり行こうにも止められるかも知れない。

そもそも進んだところでまたUターンかも知れない。

でも我々は前進あるのみ。である。

そして、

進むと…。
忍者ブログ [PR]