忍者ブログ
友人に数ヶ月遅れの誕生日プレゼントを届けて釣りへ。


今期のテーマに据えためんどくさい釣りに徹するつもりが

どこもかしこも何の反応もないので

すっかり気持ちが折れた。


まだ本格的に始まってもいないのに

プラの段階でこれじゃあ

先が思いやられるな(笑)


年々実感するのは

せっかちに拍車がかかってきたこと。

ポイントに入って立って見て

「あらら…」と感じつつも

せっかく来たんだからと

せいぜい3回投げてバイトと言わないまでも

せめて潮が感じられなければ即見切る。

釣れる気がしない釣りでは

モチベーションを保てない。

そりゃ待てば気のいい魚がいつか食うかも知れない。

でも気の抜けた釣りにはトラブルがつきものだ。

転倒したり、

ラインブレイクしたり、

タックルを壊したり。


「居れば釣れる」

という表現を嫌う人を知っているけど、

「居なきゃ釣れない」

というのは紛れもない真実である。


だから移動先でたまたま結んでいたようなリグを

何気なく通してみると

すんなり釣れる。

結局はこういうものでしょ。
PR
忍者ブログ [PR]